MARCHに挑戦する日記

高校2年生の夏から本気で勉強してMARCHに合格する日記

部活終わりでも眠くならない方法

こんにちは、藤倉ユータです!

 

最近、悩みが1つあります。それは…

 

睡魔とどう戦うか』です!

 

みなさんも一度は経験したことが

ありますよね?(僕の体験談ですが)

僕「勉強しなきゃ、でもやる気出ないから部活から帰ったらにしよ〜っと。」

〜部活後〜

僕「あー、疲れた…早く帰って寝よ。」

〜次の日の朝〜

「あっ、勉強するの忘れてた!。やっちまった…。」

 

僕はバドミントン部に所属していて毎日練習があります。そのため、家に帰ってくる頃にはヘトヘトに疲れきってしまい勉強する前に寝てしまいます。また、勉強を始めてもすぐに眠くなってしまい集中して勉強できません。

 

今回はどうしたら睡魔に打ち勝てるのか検証して見たいと思います。

 

作戦その1,眠くなったら水を飲む

作戦その2,自分でつねる

作戦その3,10分くらい寝る

作戦その4,シークレット

 

〜検証結果〜

まず作戦その1,「眠くなったら水を飲む」という作戦ですが、

悪い点→一旦は目がさめるがまたすぐに眠くなってしまいます。また、いちいち水を飲むために蓋をあけるのが面倒になってしまいます。集中力があまり続かなくなります。

良い点→口の中が乾燥しません

 

次に作戦その2,「自分で自分を痛みつける」ですが、

悪い点→ただ痛いだけです。本当にただ痛いだけです。睡魔なんて吹き飛びません。

良い点→そいゆうのが好きな人にはちょうどいいと思います。また、お金がかかりません

 

次に作戦その3,「10分くらい寝る」ですが、

悪い点→寝過ごすと地獄になってしまいます。気づいたら朝になっていたっていうことがありました。塾とかで寝ると怒られる場合があります。

良い点→寝過ごさなければ絶大な効果が得られます。すごくスッキリできます。集中力が上がった気分になります。

 

最後に作戦その4,「シークレット」ですが、このシークレットとは、「部活をやめること」です。しかし、これを選択すると人間関係がどうなるかわかりません。まだ検証してませんが、本気でなければ出来ない選択だと思います。

 

まとめ

僕が1番おすすめするのは作戦その3,「10分くらい寝る」です。僕もこの方法でなんとか出来ているのでおすすめです!

また、僕個人の検証なのでみんながみんなこの方法が適しているわけではないです。そこのところご理解よろしくお願いします。

 

最後にこれからも頑張るので応援よろしくお願いします‼︎